スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

趣味から学んだこと

お久しぶりです。水野です。

本日は趣味の話をしたいと思います。
私の趣味のひとつとして音楽があります。

私は大学時代に交響楽団に所属し、
バイオリンを弾いていました。
交響楽団という団体
そしてバイオリンという楽器からたくさんのことを学び
そのことが社会にでてからも大いに役立っています。
というのも趣味と社会では様々なところで共通しています。

ひとつの曲を作ること
ひとつの事業を作ること

会社の中での役割
オーケストラでの役割

様々なところで共通し
趣味で学んだことが社会で役立ち
また社会で学んだことが趣味で役立つ。

そのために必要なことは
これだと思ったことはとことんやることです。
私は大学四年間をほぼバイオリンに捧げました。

私は
「社会にでるためにあれもこれもやっておこう」
というのよりもひとつのことやりきることが
社会に出てからに大いに役立つと思います。

長いようで短い四年間
何かひとつやってきたものを作ると
必ず大きな力になります。

胸をはって大学時代にやりきったことをつくってください。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jsl01.blog77.fc2.com/tb.php/5-0f719e11

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。